OSCE_医療面接

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数958
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    医学試験対策面接方法

    代表キーワード

    医学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    医療面接
    導入
    ☆迎えに行き、ドアを開ける。
    「~さん、どうぞお入りください。」☆「次の方どうぞ」は×
    「こんにちわ。(手で示しながら)お荷物はこちらにおいてください。」
    「(手で示しながら)どうぞこちらにおかけください。」
    「こんにちわ。本日診察します、学生の~と申します。」
    「確認のために、お名前をフルネームでよろしいですか。」
    「はい~さんですね。今日はどうぞよろしくお願いします。」
    「それでは今から面接を行いますがよろしいですか。」☆医療面接の了解をとる。
    「はい、ありがとうございます。」
    主訴・現病歴の把握
    「今日はどうされましたか。」☆まず、1回目のオープンクエスチョン
    (患者さんの訴え)
    「そうですか。もう少し詳しく話していただけますか。」☆2回目のオープンクエスチョン
    (患者さんの訴え)
    「それで?」「それで、どうなりましたか。」など。☆3回目のオープンクエスチョン。最低3回
    ☆傾聴のポイント
    ‐適切なあいづち、アイコンタクト、共感の言葉など
    ‐相手のおでこをみると、目線が下がりづらい
    ‐沈黙に1呼吸耐える
    ‐相手の言葉を繰り返す(パラフレーズ)
    ☆メモのポイント
    ‐相..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。