細胞単離・タンパク質抽出

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数27
閲覧数423
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    生化学

    代表キーワード

    生化学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    プロテアーゼ(トリプシンやコラゲナーゼ、トロンビンなど)で処理→接着分子の分解(細胞傷害性)
    EDTAでCa2+をキレート(カドへリンによる接着はCa2+依存的)
    穏かな攪拌
    細胞を組織から単離するためには・・・
    組織から細胞を解離する方法
    細胞間接着(カドへリン)
    細胞-細胞外マトリックス間接着(インテ
    グリン)をはがすことが必要
    (手法)
    細胞を単離する方法
    (物理的単離)
    遠心分離(細胞の大きさで分離)
    ガラスやプラスチックに対する接着性で分離
    抗体と結合したマトリックスをプラスチックにつけて、接着させる
    レーザーで組織切片を切り取る
    incubate
    wash
    細胞を単離する方法
    FACS: Flourescence-activated cell sorterを用いた分離
    他にも磁気細胞分離システムがある
    細胞周期やアポトーシスの研究に使われる
    1.Tripsin / EDTAで処理およびぴペッティングによりほぐす
    2.標的細胞特異的に発現しているタンパク質に対する抗体で蛍光標識
    1 /1000個の感度
    (定義)
    in vivo
    in vitro
    in vivo
    in vitr..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。