麻酔法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数509
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    神経組織意識分類麻酔医学

    代表キーワード

    麻酔法医学

    資料紹介

    麻酔法についての資料です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    麻酔法
    麻酔の目的 手術に伴う痛みを取り除くためだけでなく、患者が安全に手術を受けられるように全身管理をするために行う。 麻酔薬は、痛みに対する感覚を全身的または、局所的に、かつ一時的、可逆的に消失させる。そして、次の4つの条件のすべて、あるいは一部が備わっていなければならない。
    ・意識の消失
    ・痛みの消失
    ・有害反射の抑制
    ・筋緊張の消失
    麻酔の種類
    全身麻酔→血流を介して麻酔薬を脳へ運び、中枢神経を抑制するもの(Ptの意識はなくなる)。                 ※ただし、NLPは意識のある無痛状態となる。
    (投与法による分類)
    吸入麻酔:麻酔薬を肺から酸素とともに吸入させ、血流へ移..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。