S0104 教育方法学 第2設題 レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数271
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    設題名
    『現在は情報社会さらには知識社会と呼ばれているが、その社会にあっては知識を扱う教育はきわめて重要である。基礎基本の学力と教育格差と経済格差との関連について論ぜよ。また格差問題を解決するうえで教育方法はどのようにあるべきか。』
     
    佛教大学通信教育部の2010~11年度のレポート課題に沿って作成しております。

    この資料は、レポート作成の参考資料としてお役に立てば幸いです。

    他にも格安で、レポート・科目最終試験対策を公開しています。

    他にも格安で、レポート・科目最終試験対策を公開しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『現在は情報社会さらには知識社会と呼ばれているが、その社会にあっては知識を扱う教育はきわめて重要である。基礎基本の学力と教育格差と経済格差との関連について論ぜよ。また格差問題を解決するうえで教育方法はどのようにあるべきか。』
    現在社会の教育現場の問題として、いじめや非行、校内暴力、学級崩壊、学校崩壊、学力低下、モンスターペアレンツ、教師の質の低下や不祥事など、過去に例をみない程の数多の問題が存在している。近年、そのような学習状況下において、「ゆとり教育」や基礎基本の学力、生きる力、総合的な学習の重視など多種多様な学力が要求されている。また、情報化社会に応じて教育も情報化が要求されており、国によっては、学業の進展に決定的な挫折はなく、何時でも自己能力に応じた学習に挑戦できるように学年制を廃止しているところもある。その上、学校からテストを除去することも推奨されているのである。このような情報社会は変動社会とも呼ばれ、失業や転職が日常化する社会である。これらの出来事から危惧され重要視されることは、経済格差による教育格差つまり教育の「不平等」の発生である。よって、選ばれた人だけが恵まれた教育を受..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。