S0105 教育心理学 第1設題 レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数185
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    設題名
    『象徴機能の発生について説明せよ(説明には子どもの行動についての具体的研究例も提示する)。また、教育との関連で大切な点を説明しなさい。』
     
    佛教大学通信教育部の2010~11年度のレポート課題に沿って作成しております。

    この資料は、レポート作成の参考資料としてお役に立てば幸いです。

    他にも格安で、レポート・科目最終試験対策を公開しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『象徴機能の発生について説明せよ(説明には子どもの行動についての具体的研究例も提示する)。また、教育との関連で大切な点を説明しなさい。』
     「教育」とは、発達段階にある児童や青年を対象とするものであり、主な役割として発達を助長するところに中心的機能が存在している。
     「発達」とは、受胎に始まり、年齢に伴う心身状態の変化である。この変化は、量的であると同時に質的なものでもある。コフカは「生活体が量において増大し、構造において精密化し、機能において有能化するとき、これを発達という」と定義している。また、発達は連続した成長過程である。しかし、それは一定の速度で進むのではなく、ある時期には急激な速さで、ある時期には緩やかな速さで進む。一般的に、発達速度は生後早期において速い傾向であるが、心身の種々の領域で発達速度が異なることが認められている。このことは、発達が連続的過程でありながら、各時期において心身の構造が異なることを意味している。やや長い時間軸で見れば、ある時期には、前の時期には見られない特徴が表われる。ここに、発達段階を区分する一般的理由がある。
     発達段階に関しては、様々な研究者らによ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。