S0106 教育社会学1 レポート A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数284
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    設題名
    『学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ。』
     
    佛教大学通信教育部の2010~11年度のレポート課題に沿って作成しております。

    この資料は、レポート作成の参考資料としてお役に立てば幸いです。

    他にも格安で、レポート・科目最終試験対策を公開しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ。』
     学歴社会とは、厳密な意味でいうと卒業した学校によって将来が決まってしまうという学歴メリトクラシー(学歴が有効な判断基準となる制度)、学歴クレデンシャリズム(学卒資格至上主義)が重要な意味・作用をもつ社会であるとされてきた。また「学歴主義の社会」という表現も同様に、どんな学校を卒業したかによって、社会的成功の可能性が決まる社会を指すものとされてきた。
    学歴社会は、「社会における社会的・職業的地位等の配分の基準として学歴が重きを占める社会」を意味する言葉であると考えられる。しかし、学歴社会は、単に教育を重視する社会ではない。
     現在、先進国・発展途上国を問わず、教育の充実は各国家・社会の最重要課題の一つに挙げられている。世界的に学力調査を行い順位付けをし、順位の高い国の要因分析を参考にし、各国教育改革を行っている。
     このように教育を重視する社会が「学歴社会」であるなら「学歴社会」でない社会は存在しない。単に、教育を重視するという意味以上のものが、学歴社会の中の教育には存在す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。