S0534 教育相談の研究 レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数86
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    設題名
    『学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。』
     
    佛教大学通信教育部の2010~11年度のレポート課題に沿って作成しております。

    この資料は、レポート作成の参考資料としてお役に立てば幸いです。

    他にも格安で、レポート・科目最終試験対策を公開しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。』
     カウンセリングという言葉は、二十世紀中頃に使用されるようになった。広義の意味では、人が日常生活を営む上で生じる悩みに対して相談や指導を行うことであり、学術的理論の裏付けがなくカウンセラーの資質や経験に基づく割合が大きいものであった。
     これに対し狭義の意味では、非指示的療法、カウンセラーがクライエントに彼らの考えや行動を指示するのではなく、クライエント自らが意思決定し問題解決能力を養うようにするものである。多様化された近代社会においては個々の心理的状態が複雑化し、より専門的知識や技術が要求されるようになったため、以前のカウンセリングで対応できなくなり今日の一般的なカウンセリングという概念ができた。
     人の心の中には本来あるべき自分の姿、すなわち理想の姿を求める心、それと全く逆の自分の楽な姿、すなわち快楽を求める心、その一方を選び、自身の行動を決定する心の3群に分類されているといわれる。
     フロイドは、この理想の姿を求める心を超自我、快楽を求める心をイド、自身の行動を決定する心を自我と名づけている。
     イドは快楽原..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。