民事訴訟法 第3課題 証人の義務と証言拒絶権

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数495
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    中央大学通信教育課程 民事訴訟法 第2課題 (2012年度) D評価合格レポート

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

       民事訴訟法 第3課題 証人の義務と証言拒絶権
    1、民事訴訟における証人義務 
     わが国の裁判権に服する者はすべて証人として尋問を受ける公法上の義務がある(190条)。証人義務には、証人として適式な呼出しを受けた者が証拠調べ期日に出頭する義務である出頭義務、及び、証言の真実性を担保するため証人が裁判所の面前で良心に従って真実を述べる旨を宣誓する義務である宣誓義務(201条1項)、また、尋問された事項について何事も隠さず、付け加えることもなく真実を証言する義務である供述義務(規112条4項)の3つから構成されている。これら3つの義務に正当な理由なく違反した場合には過料や罰金、または勾引による制裁および義務の強制が科され(192-194)、また、宣誓をさせるべき証人を宣誓させずに行った証人尋問は原則として違法であり、宣誓証人が虚偽の証言をした場合は偽証罪に問われると定められている(刑法169条)。
    2、証言拒絶権
      ただし、証人義務がある者についても尋問事項の内容に応じて一定の場合に証言拒絶権が各法令に列挙されており、そこに規定された要件を満たせば例外的に証言を拒むことができる。証言..

    コメント1件

    ha123 販売
    判例の記述が少なすぎるという旨の減点によりD評価合格とされたレポートなので参考にする際は判例の適否について(伊藤説など)の論述を追加することをお勧めします。
    2013/01/05 11:15 (3年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。