「成人の意思能力と行為能力の違いを説明しなさい。」

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数681
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    民法1 第1課題 「成人の意思能力と行為能力の違いを説明しなさい。」 合格レポート

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

       民法1 「成人の意思能力と行為能力の違いを説明しなさい。」
     意思能力とは、物事の道理を見極め判断する精神的能力及び自己の契約の結果生じる利害得失を予測できる知的能力のことである。意思能力を持たない者の意思表示は、本人の意思に基づくものとはいえず、個人意思自治の原則に反する。そのため、意思無能力者の意思表示は契約を締結させることが出来ず無効となる。つまり、意思能力とは実質的には、有効な意思表示をすることによって他人との契約を締結する能力である。意思能力があるとされるために必要な知的能力の程度は、重要な身分行為では15歳程度、一般の財産行為では7歳から10歳程度の知的能力が必要とされている。意思無能力を理由とする無効は意思無能力者本人の保護を目的とする制度であるため、意思無能力者側の者だけが無効を主張することが出来る。当事者の契約当時の意思能力の有無の判断は個別具体的に審査される。 しかし、①意思無能力を理由に法律行為の無効を主張できるとしても、契約当時に意思能力を欠いていたことを自ら立証することは困難である。また、②意思無能力者とは知らずに契約を結んでしまった相手方が、あとで意思..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。