民法1 第4課題「126条の短期5年の消滅時効について論じなさい。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数286
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    民法法律問題時効能力権利消滅債権問題点意思表示

    代表キーワード

    民法時効

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       民法1 第4課題 取消権 「126条の短期5年の消滅時効について論じなさい。」
     民法126条とは、取消権の期間制限についての規定である。取り消しうる法律行為についての取消権は、追認が可能となった時から5年間、または行為の時から20年が経過すると消滅することになる。
     
     5年の消滅時効の起算点である追認が可能となる時とは、制限行為能力者については行為能力者となったとき、詐欺、脅迫による意思表示の場合はその状況から脱したときのことである(124条1項)。
     取消権の期間を制限する意義は、取消権がいつまでも存在すると、相手方および第三者の立場を不安定なものにしてしまうため、法律関係をなるべ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。