学校経営と学校図書館

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数387
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ご注意:検索キーワードは当該資料に関連のありそうな語句を記入しております。当該資料がキーワードを全て網羅しているという意味ではございません。また、当資料購入によりレポート合格を保証するものでもございません。ご購入・ご使用は購入者様の自己判断と自己責任にてお願いいたします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校経営と学校図書館

    設問:我が国では「学校には学校図書館を設けなければならない」こと、「学校図書館には司書教諭を置かねばならない」ことが法的に定められている。それでは、なぜ学校図書館の仕事が「司書教諭」という「資格」の必要な仕事なのか、論述しなさい。(1800字以上)


     学校図書館とは、児童生徒に対して図書や資料の貸し出しを行うだけの学校施設ではない。現代の学校教育にとって欠くことのできない、
    総合的・横断的な教育・情報サービスの枢軸となる存在である。2011年度より実施された新学習指導要領による指導が始まり、言語能力の育成を軸に
    あらゆる教科において学校図書館に求められるものは大きくなっている。
    学校図書館が果たす役割は、主に三つある。
    第一に、児童生徒の学習要求や疑問に応えるメディアを、発達段階や興味・関心に即して使いやすく収集・整理・提供する学習情報センターとしての役割、
    第二に、教師・司書教諭・学校司書らが主体的に参画し児童生徒の読書活動の奨励と読書習慣の形成、ひいては豊かな教養を備えた人格形成を支援する読書センターとしての役割、そして第三に、教師に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。