英語科教育法Ⅲ

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数543
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ご注意:検索キーワードは当該資料に関連のありそうな語句を記入しております。当該資料がキーワードを全て網羅しているという意味ではございません。また、当資料購入によりレポート合格を保証するものでもございません。ご購入・ご使用は購入者様の自己判断と自己責任にてお願いいたします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Exercises(第1章)
    (a)  テキストの内容に合致しない。P12に、John B Carrollらが言語学習に適正のある者とそうでないものとを判別するテストを作ったとある。
    (b)  テキストの内容に合致する。P13に、多くの議論や実験を重ねてきたが未だ第二言語学習に最適な年齢の定義は決められていない、とある。
    (c ) テキストの内容に合致する。P14に、第二言語を学んだ際に各言語のしくみや働きの違いを認識するため、第三言語を学ぶ際には目標言語と母国語との違いにさほどショックを受けず、違うものであるとの心構えができている。さらに、音声学や統語論といった基礎的な言語教育をすでに受けていることで第三言語についても体系的に学ぶことの準備ができている。
    (d) テキストの内容に合致しない。P15には、マイナスに作用する動機もあるとされている。具体的には、その言語が使用されているグループへの歴史的・文化的な偏見などがある。
       
      (e) テキストの内容に合致しない。P15には、学習者の集中力は何十分も長続きしないので、新しい項目を学ぶ際には短時間で最低限のことをインプットすべき..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。