発達と学習

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数285
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    ご注意:検索キーワードは当該資料に関連のありそうな語句を記入しております。当該資料がキーワードを全て網羅しているという意味ではございません。また、当資料購入によりレポート合格を保証するものでもございません。ご購入・ご使用は購入者様の自己判断と自己責任にてお願いいたします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     生徒への動機づけ,及びやる気を出させるために教師としてできる事は何であろうか。「動機づけは人間を含めた動物の行動の原因であり、行動の方向性を定める要因と行動の程度を定める要因に分類できる。動物が行動を起こしている場合、その動物には何らかの動機づけが作用していることが考えられる。またその動物の行動の程度が高いかどうかによってその動機づけの強さの違いが考えられる。(Wikipediaより)」
    上記の定義にもとづく動機づけにはいろいろな分け方があるが、特に教育的な意味においては、外発的動機づけと内発的動機づけに分ける分け方が重要となってくる。 外発的動機づけでは、例えば賞罰による場合、報酬を得る、あるいは叱責を避けるということが目標となり、そのために役に立つ行動が動機づけられるということになる。しかし、この種の動機づけにはいくつかの問題点が内在してる。その一つは、外部からの働きかけによって動機づけられるということから、他律的あるいは依存的傾向を助長するということ、また一つには、引き起こされる行動が手段的行動であるということから、望ましくない行動が引き起こされる可能性があるということ、また、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。