英米事情 Ⅱ

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数342
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ご注意:検索キーワードは当該資料に関連のありそうな語句を記入しております。当該資料がキーワードを全て網羅しているという意味ではございません。また、当資料購入によりレポート合格を保証するものでもございません。ご購入・ご使用は購入者様の自己判断と自己責任にてお願いいたします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    イギリスの政治
    イギリスの政治は議員内閣制をとっており、日本もそれに倣った形態をとっている。
    日本がイギリスを手本にしているのだから共通点も当然多いが、いくつか異なる点も存在する。主な相違点として、1.国家元首がイギリスでは国王、日本では天皇である点(元首は象徴であり、政治に直接介入しない点では同じ)2.日本では上院議員も直接選挙で選出される 3.日本では、大臣はその過半数が国会議員であればいい、等がある。
    また、イギリスから日本の制度に近づいたものに最高裁の機能があり、当初イギリスでは上院の機能の一部であったものが、三権分立の流れが強まり近年独立した機関となった事は特筆すべき点であるといえる。伝統よりも近代化・合理化を求める世論の力でイギリスの議院内閣制も変化しつつあるようだ。
    またイギリスでは下院で多数を占めた党が政権党として自分たちのリーダーを総理にし、内閣を作る。政権党がイコールそのまま内閣になるといってもよい。日本のように大臣だけ与党から出し、すべてを官僚がお膳立てする「官僚内閣制」とは大きく異なる。これがイギリス型の内閣より劣っているとは一概にはいえないが、官僚が立法におけ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。