教育の方法と技術論

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数209
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ご注意:検索キーワードは当該資料に関連のありそうな語句を記入しております。当該資料がキーワードを全て網羅しているという意味ではございません。また、当資料購入によりレポート合格を保証するものでもございません。ご購入・ご使用は購入者様の自己判断と自己責任にてお願いいたします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     近年の、一斉授業における問題点を克服するために行われている多様化にはどのようなものがあるであろうか。
    一斉授業では、多少理解の度合いに差があるにせよ、生徒の教育水準がほぼ均等化されるため学力の格差が生じる可能性は低く、よほど注意力が散漫であったり意欲が著しく低い生徒でない限り、いわゆる落ちこぼれは出にくいとされてきた。
    しかし現実には、理解の遅い生徒は取り残され、理解の早い生徒は足止めされて、しばしば「ついていけない」「簡単すぎる・物足りない」というような問題は今も根強く残っている。また一斉授業の性質上、生徒個々の生徒の興味、関心、個人差には応えにくく、教師からの詰め込み型、押し付け型になりやすいという問題もある。これらの問題点はかなり以前から議論されているが、いまだ一斉授業が主流である理由は教員数不足の問題もあるだろうし、学習進度の管理上いたずらに少人数化・個別指導化を取り入れるのは難しいという理由がある。
    一方で、個別指導という形態は民間の学習塾で既に主流となりつつあり、学校の授業のサポート、定期試験対策として定着している。町を歩けば、また駅前などに一対一、完全個別指導といった看..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。