教育カウンセリング論

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数219
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ご注意:検索キーワードは当該資料に関連のありそうな語句を記入しております。当該資料がキーワードを全て網羅しているという意味ではございません。また、当資料購入によりレポート合格を保証するものでもございません。ご購入・ご使用は購入者様の自己判断と自己責任にてお願いいたします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育カウンセリング論リポート
     教育カウンセリング(以降、学校カウンセリングと同義とする)が現代に必要とされている背景は何であろうか。教育を行う現場である学校においては、教育課程にもとづいて多数の子供たちに一定の知識と資質を一定期間内に教え込む事が最も重要な役割のひとつである。これは教科指導における一斉授業や集団活動に顕著であるのだが、それと同時に一人の人間としての子供たち各々の個性の把握と増進もまた学校としての欠かせない役割である。
     しかし、一斉授業や集団活動といった方法では、その中でついていけなくなったり、その内容に疑問を抱くような子供たちを個別にサポートすることはできない。そこで、そのような子供たちの個性の伸張と治療的指導を行うために教育カウンセリングが必要とされている。
     無論教育課程においても学級編成や選択科目などの導入に見られるような、個人差を考慮した工夫や改善が進められてはいるものの、やはり子供たち個々の能力、性格、適正、興味といったパーソナルな情報の把握なくしては効果的な教育は望むべくもない。教育とは、人間形成に関する種々の活動であると考えられている。
    そこで、教育課..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。