英米文学概説 分冊2

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数235
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ご注意:検索キーワードは当該資料に関連のありそうな語句を記入しております。当該資料がキーワードを全て網羅しているという意味ではございません。また、当資料購入によりレポート合格を保証するものでもございません。ご購入・ご使用は購入者様の自己判断と自己責任にてお願いいたします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    シェイクスピアの作品は、英語で書かれた文学の中では最も美しいもののひとつとして、とりわけ英語圏では今日でも高い尊敬を集めている。それでは、彼の作品を優れたものとしている特性とは何であろうか。それを様々な観点より再度考察してみることとする。
     第一に、彼の書く戯曲(物語)が16-17世紀頃のそれと比べはるかに平易で読みやすいものであったため、学生を中心とした若い世代にも好まれた点がある。実際、同世代にはシェイクスピアに勝るとも劣らない優れた戯曲を書いた者が多く存在し、シェイクスピアのみが飛びぬけて優れた作品を書いていたというわけではない。しかし、他の作家の作品が難解、退屈とされてきた中で、戯曲を人々に親しみやすく、触れやすいものていうレベルにまで昇華し、大衆娯楽としての地位を確立したものがシェイクスピアの作品群であったという事実そのものが彼の作品が優れているという歴史的な観点からの証明であるといえる。
     第二に、卓越した性格描写・心理描写と、散文と韻文との巧みな使い分けにより肌で感じ取れるような臨場感を
    紡ぎ出す技術が挙げられよう。シェイクスピアは脚本家であり戯曲家である。実際、彼の作品..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。