情報メディアの活用

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数427
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ご注意:検索キーワードは当該資料に関連のありそうな語句を記入しております。当該資料がキーワードを全て網羅しているという意味ではございません。また、当資料購入によりレポート合格を保証するものでもございません。ご購入・ご使用は購入者様の自己判断と自己責任にてお願いいたします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    情報メディアの活用
    設問: 学校教育および学校図書館におけるオンライン系のメディアであるインターネットのwebpageとディスク系のメディアであるCDとDVD、ブルーレイ・ディスク(CD-ROM、DVD-ROM含む)に記録される情報の性質の違いと活用する上で引き起こされる問題点について論述しなさい。また、学校図書館における著作権の問題、特に著作物の複製と引用についても論述しなさい。
     学校教育および学校図書館において、メディアの大部分を占めるのは依然として書籍や資料といったいわゆる印刷メディアであるが、オンライン・メディアやディスク・メディアといった新世代のメディアも欠かせない存在となりつつある。これらの特徴及び問題点にはどのようなものがあるだろうか。
     学校図書館におけるオンライン・メディアについては、インターネットを利用したウェブページが挙げられる。現在では公立図書館はもちろんのこと、学校図書館においても独自のウェブサイトを開設しているところは多い。オンラインメディアのメリットとしては、情報の更新が容易であり、新たな購入蔵書や受け入れ蔵書があれば即座にウェブページ上に反映し蔵書リス..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。