読書と豊かな人間性

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数427
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ご注意:検索キーワードは当該資料に関連のありそうな語句を記入しております。当該資料がキーワードを全て網羅しているという意味ではございません。また、当資料購入によりレポート合格を保証するものでもございません。ご購入・ご使用は購入者様の自己判断と自己責任にてお願いいたします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    読書と豊かな人間性
    設問:「豊かな人間性を育む」という観点から「子どもの読書と本の力」について、また「学校における読書活動の必要性」について述べなさい。
     現代社会において、子どもたちを取り巻く環境は情報化社会の発達を抜きにしては語ることはできない。長らく映像文化の主役であったテレビに加えて、インターネットが一般家庭レベルにまで広く普及し、映像・音声・テキストといった多種多様な情報が家庭にいながらにして手軽に得られるようになった。このような情報化のパラダイム・シフト自体は利便性の向上や居住地域による情報格差の是正という意味では大いに歓迎すべきものであるが、一方で子どもが読書に親しむ機会は減少しているという、歓迎すべきでないデータがあるのもまた事実である。
    子どもたちに読書離れの背景に映像メディアやオンライン・メディアの台頭による相対的な読書時間の減少という要員も確かにあるだろう。しかし、それらは決して今に始まったことではないし、そういった新しいメディアを悪者扱いしているだけでは根本的な解決にはならない。むしろそのような他のメディアとは共存共栄しながら、子どもたちの読書の時間の確保、読書..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。