日大通信 法学分冊1 A評価合格レポート

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数324
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日大通信法学

    代表キーワード

    法学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     今回は、法源とはどんなもので、法システムの中でどのような意義があるか論ずる。また、同時にどのような種類があるかも挙げる。
    法源とは法規範の源であり、裁判官が裁判を行う際に基準となるものという意味である。
    もし、裁判において、裁判官が任意で判断を行うようであれば、それは公平な裁判とは呼べない。なぜなら、こうした人間のその時々の思いつきで物事を取り決める「人による裁判」を回避し、裁判所が法に基づいて「法による裁判」を行い、判決を下すことが重要である。その法を具体化するために必要な「正しさ・法を媒介して形にしたもの」が法源である。従って裁判システムに対する信頼は、この法源を明らかにすることと関係している。
    法源は法を知るための手段であり、法は我々の前にどのような形で存在しているのか、どのようなものが法として肯定され、価値を有するのか、すなわち「法とは何か」とういことが、法源の主流な問題であろう。我が国では制度上の法源として、成文法と不文法があげられる。以下にこれらについて具体的に述べる。
    成文法とは、文書によって書き表された法のことであり、一定の手続きを経て国や行政機関が制定することから制..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。