H 25/26【英米文学概説 分冊2】合格レポート

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数130
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    A評価でした。
    努力の跡がみられてよくまとまっているとコメントをいただきました。
    ご参考までに。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英米文学概説 分冊2
    教材の第5章を読んで、William Shakespeareの劇について著者が主張する特質を作品から引用しながら、小説の場合と比較しつつ論述しなさい。
    ポイント:自分の言葉で。見出しをつけない。作品の例は原文を引用し、それに基づいて論述せよ。
     William Shakespeare、死後400年近くたった今も愛され続ける、あるいはこれほどまでに注意を注がれる劇作家が他にいるであろうか。As You Like ItやTwelfth Nightに代表される喜劇(comedies)、Julius Caesar, CoriolanusおよびAntony and Cleopatraの3つのローマ刺激(histories)、そしてOthelloなどの悲劇 (tragedies)のどれをとっても、主人公の内部的な高潔さあるいは弱さなどから派生しており奥が深い。本レポートでは、、English Literatureの著者、Lernerの見解をもとに劇と小説を①ストーリー、②登場人物の性格描写、③筋・構想、および④雰囲気の4つの観点から比較し、その特質を考察してゆく。劇(Dram..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。