H25/26 【英米文学概説 分冊1】合格レポート

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数182
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    S評価でした。
    大変よくまとまっているとコメントをいただきました。
    ご参考までに。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英米文学概説 分冊1
    教材の第1章を読んで、著者が主張する”simplicity”の特質について、文学作品から引用しつつ論述しなさい。
    ポイント:自分の言葉で。見出しをつけない。作品の例は原文を引用し、それに基づいて論述せよ。
     “simplicity”は、「単純さ」や「簡単さ」などとも訳せようが、English Literature内では、文学や文章の表現について述べているため、簡単で要領を得ているという意味合いの強い「簡潔さ」が一番近いと考える。Lernerは、「文学」とは何かを定義するとすれば、language well used、つまり、上手く用いられた言葉であり、簡潔さは文章のすべての美点の中で最上のものの一つになり得るくらい重要な要素であると主張している。
    簡潔さを欠いた文章は、読み手による誤解を招く危険性が潜むばかりでなく、文体に悪影響を与え、不恰好で、つまらない上に不正確なものとしてしまう。簡潔な文章を用いることで、circumlocution(婉曲表現:多すぎる数の言葉を用いる), tautology(同語反復表現:同一の物事を異なる言葉で繰り返す), pompous..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。