H25/26 【発達と学習】 合格レポート

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数173
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    A評価でした。
    ご参考までに。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    発達と学習
    知能と学力の関係=知能検査の結果と学力検査の結果のギャップについてキーワードを用いて論述しなさい。1600~2000文字
     知能検査とは個人の知能水準、または知能の発達程度を測定する検査を指し、学力検査とは学習の達成度や成就度を把握するための学力を測定、評価する方法を指す。それらについて論述した後に、知能と学力の相関について述べてゆく。
    知能とは、遺伝と環境によって影響を受けるとされているが、実際には何を指しているのか定義が難しい。心理学では以下の3つの観点に分類することができる:①抽象的な思考能力、②環境への適応能力、③学習する能力。知能検査には、義務教育上問題となる子どもを早期に発見する目的で考案された個別式知能検査と、限られた時間で多数の人を検査できる集団式知能検査がある。現在の知能検査の原型であるビネー式知能検査は、ある年齢集団の75%の人が正答できる課題をその年齢の問題としたため以下の2つが区別される。①知能発達上の年齢(精神年齢=MA)、および②暦の上での年齢(生活年齢=CA)である。知能発達の程度をMAとCAとの差のみで示す場合、年齢の低い子どもと成人とでは知..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。