【日本大学】教育の歴史【合格レポート】H25/26

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数184
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日大教職通信

    代表キーワード

    日本大学教育の歴史

    資料紹介

    教育の歴史合格レポートです。
    ポイントと押さえ、よく整理して論じられていました、とおほめの言葉をいただきました。
    ご参考までに。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     教育の歴史
     ヨーロッパとアジアにおける18,19世紀の教育の重要性を、現代の教育への観点から考察し、その概要を述べなさい。
    現代の子供が当たり前のように享受している教育。この教育制度は18世紀から19世紀における教育思想や教育実践の影響を受けている。その思想や実践はどのようなものであったか歴史的変遷をたどりながら考察していく。
     まず18世紀になると啓蒙思想が現れる。絶対主義国家から市民社会への移行期に見られた歴史的な展開の過程は、啓蒙主義を軸として展開されていた。その啓蒙主義は、近代教育に対して自律した理性的人間形成を期待した。しかし、啓蒙主義には2つの課題があった。それは第一に、人間の理性を目覚めさせ、それに基づく新しい市民社会の担い手をどのように育成するか、第二に、伝統的な古典語中心の教育と新しい現代生活が欲求する教育との対立をどのように止場するかであった。これら2つの課題に応じて教育改革しようとしたのが、紳士教育論のロック、自然人教育論のルソー、凡愛学院を設立したバゼドウ、博愛主義的教育のペスタロッチ、公教育を目指したコンドルセであった。ロックは教育に関する考察の中で、教育..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。