【メディア】教育の方法・技術論 チェックテスト①【M】

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数365
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    メディアのチェックレポートです。
    Aの合格判定をもらいました。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    1 .コメニウス以降の教育方法学の流れを400字程度に簡潔にまとめてみてください。 2 .わが国の教育方法学の発展を400字程度で簡潔にまとめてみてください。 3. 現代のカリキュラムを類型化して400字程度にまとめてみてください。
    1
    教育方法学はコメニウスの登場を持って成立と考えられる。彼の著した『大教授学』はのちの近代学校制度化の原型になった。また、「言語主義」教育批判の始まりであるとともに近代的な学習法のスタートともなった。
    ルソーは内面的、根源的な部分に注目し、彼は「合自然」の原理を理想の教育方法ととしていた。
    ルソーやコメニウスの精神・思想を継承したのがペスタロッチであり、彼はその教育思想を実践を通して教育方法学の域にまで高めた。これは「直観教授」と呼ばれている。
    ヘルバルトは教育学をはじめて独立した科学として確立させた人物である。彼の「教授段階説」を継承・発展させた五段階教授法を日本に紹介したラインは彼の弟子である。また、ヘルバルトの功績は教育学史上、教育方法学史上特筆すべきものである。
    20世紀になるとヘルバルト主義は画一化、形骸化して問題視されていた。そのころ、アメリ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。