【メディア】英米文学概説【MB】

会員1,296円 | 非会員1,555円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数384
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    メディアの後期テストです。
    私はSをいただきました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ここでは、メルヴィル、マーク・トウェイン、ヘミングウェイについて述べる。
    メルヴィルの『モウビー・ディックまたは白鯨』(Moby-Dick, or, The Whale, 1851)は、世界文学の名作と言っても別格である。他にもいくつか作品があるが、『白鯨』は突出した傑作であり、シェイクスピアの『リア王』やエミリ・ブロンテの『嵐が丘』のそれに匹敵する、世界の三大悲劇と言ってもいいくらいの作品である。この作品が描いている情熱は日常生活のなかでのそれをはるかに凌駕して、われわれも自分たちの内部にひそんでいるとは気がつかないレベルに達していて、それがわれわれを惰性的な日常の常識から解放し、感動させる。
    『タイピー:ポリネシア生活瞥見』(Typee: A Peep at Polynesian Life, 1846)、『オムー』(Omoo: A Narrative of Adventures in the South Seas, 1847)、『マーディ』(Mardi: and a Voyage Thither, 1849)などの作品に共通している主題は、原始的な生活の礼賛と、それと対照的な白人文..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。