【日大】イギリス文学史MA 最終課題【S判定合格】

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数288
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    メディアの最終課題です。
    レポート併用でS判定でした。
    ご参考までに。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    メディア授業 最終課題
    ・Shakespeareの作品と特徴
    一般に、Shakespeare(シェイクスピア)の作品を4期、あるいは5期に分けて考えるのが通例。ここでは4期に分ける。
    第1期(1590-1595)は、彼の習作時代ともいえる時期であり、あらゆる戯曲形式を研究した。全体として構造が粗雑で人生の取り扱いが皮相的で思想や性格描写に深みがなく、技法が未熟であるが、しゃれや奇想が目立つ。
    Henry VI (ヘンリー六世)3部, Titus Adronicus(タイタス・アンドロニカス), Love’s Labour’s Lost(恋の骨折り損), Two Gentlemen of Verona(ベローナの二紳士), The Comedy of Errors(間違いの喜劇),The Taming of the Shrew(じゃじゃ馬ならし), Richard Ⅱ(リチャード二世), Romeo and Juliet(ロミオ&ジュリエット), A Midsummer Night’s Dream(真夏の夜の夢)
    第2期(1596-1600)は、初期の文体の未熟さを克服しつつあり、散文と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。