生徒指導・進路指導・(初等)試験問題・佛I大通信

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数208
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1,生徒指導の原理とは何かについてまとめ、その意義と内容について。

    *生徒指導の原理について、4点述べる。①自己指導の助成のための方法原理として、自発性・自立性・自主性の促進が挙げられる。②集団指導の方法論として、学級や友人

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1,生徒指導の原理とは何かについてまとめ、その意義と内容について。
    *生徒指導の原理について、4点述べる。①自己指導の助成のための方法原理として、自発性・自立性・自主性の促進が挙げられる。②集団指導の方法論として、学級や友人関係の集団における相互作用の尊重や、集団の力の利用、人間尊重、規律の維持などが、挙げられる。③援助・指導の仕方に関する原理として、問題解決能力を育成する援助の重要性が挙げられる。又、賞罰を用いる場合は心の注意が必要である。③組織・運営の原理として、全教師の参加と専門職分野の必要性が挙げられる。生徒指導は全生徒を対象とし、学校生活の領域に関するものであるから、全教師が協力して取り組むべきだ。
    *生徒指導の意義について5点述べる。①生徒指導は学校における多くの活動が集団を通して行われるが、総ての生徒に同一の指導がなされるわけではない。個別的で、発達的な教育をする。②個人個人の人格の発達を目指すが、生徒それぞれが個別に存在しているわけではない。生徒一人一人の人格の価値を尊重し、個性の伸長を図りながら、同時に社会的資質や行動を高めようとするものである。③生徒指導は学校といっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。