教育社会学・試験問題・佛大通信

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数279
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    教育社会学・

    代表キーワード

    教育社会学

    資料紹介

    いじめの原因はどこにあるのか。なぜ減少しないのか。今日的な特徴は何か。いじめは学校あけの・・・・佛大テキスト参照

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1、いじめの原因はどこにあるのか。なぜ減少しないのか。今日的な
    特長は何か。いじめは学校だけの問題ではない事についてまとめる。
    *現在に於いて「いじめ」はやはり学校と切り離しては考えられない。学校や学級に基盤を持つ集団の中でいじめが発生する。しかし、これは学校自体の問題としてのみ解決できない。原因は学校にあるだろうが、学校内部だけでの解決は出来ないと思う。いじめは強者が弱者にたいして行う一方的な心身への暴力である。学校以外でもその延長で起こり得ることである。そこに地域との協力が必要になる。
    *現在のいじめは見えにくくなってきている。「見えないいじめ」とも言える。最近はますます陰湿化してきており、いじめっ子たちは誰からもいじめであるとわかるようなへまはしない。又、いじめが 行われていても、無関心を装う。他の人に伝える事で次は自分がいじめの対象になることを恐れるからだ。だから、教師には言わない。そのような理由でいじめは減少しないと考える。
    *現代のいじめは、いじめられている本人にその意識がないこともある。意識のずれだろう。意識のずれを上手く利用して「遊びやふざけ」に偽装されているものも多く..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。