道徳教育の研究・試験問題・佛大通信

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数239
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    道徳

    代表キーワード

    道徳

    資料紹介

    佛大教科書・…道徳教育の意義について・・・

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    道徳教育の意義について述べよ。
    * 道徳とは何かについて、第辞臨の辞典では「ある社会で、人々がその社会よって、善悪や正邪を判断し、正しく行為するための判断。法律とは異なって、外からの強制力ではなく個人の内面的な原理として働くものをいう。又、宗教とは違って超越者としての関係ではなく、人間相互の関係を規定するもの。」とか「人のふみ行うべき道。個人の内面的なもの」とある。すなわち、 法律により拘束されないが、人間としての生きる道であり、人それぞれの内面の中に存在するものである。              
    *日高六郎氏は「道徳は社会規範」の一つであり、社会で一般化され、是認され、ある程度強制されるもので、それゆえに、道徳には個人の自発性に支えられている部分と、社会から強制されている部分の二つがあると述べている。彼の考えによると、道徳は社会の変化に対応した新しい価値観が生まれた時、それを抑制する働きをする。時には、時代に逆行することになる。と述べているが、しかし、社会やその時代において人々の生活や考えが異なった場合はやはり摩擦が生じることは現在をみても事実であると思う。公衆の場や電車等でのマナ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。