国語科教育法・試験問題・佛大通信

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数422
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    国語科教育

    代表キーワード

    佛教大学国語科教育法

    資料紹介

    1.文学的文章指導における内容の三そう構造について、テキストの内容をまとめなさい。 *文学は人間の真実/佛大テキスト参照

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.文学的文章指導における内容の三そう構造について、テキストの内容をまとめなさい。
    *文学は人間の真実を虚構の方法によって描き出している。現在、活字離れや読書離れや人間関係のゆがみという問題が指摘されている。文字言語を媒介にして作品世界を豊かにイメージして読解力、創造力、認識力、言語感覚などが育つと供に自己や社会の在り方を考えるには文学的文章教材は必要である。文学的文章指導の目標を考えるとき、(教材内容・教科内容・教育内容)の三層構造として考えることが出来る。4年生の「1つの花」を例に挙げて説明する。
    *教材内容では今までは作品の世界をより豊かに深く理解させることが第一の目標であったが、現在は読者の生活経験を基にテキストと対話した結果として生成されることが大事だ。「一つの花」で言えば、語句の意味はもちろんのこと、戦時中の食料難の理解や、父親のやるせない気持ちや、コスモスに囲まれているトントンぶきの小さな家やミシンの音などからの貧しさをではどれだけイメージできるかいったことが実践的な課題になる。
    *教科内容では次のような読みの観点・作品分析が教科内容になる。反復と対比を捉える」(一つだけ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。