教育方法学・佛大通信・試験問題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数2,123
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    教育学習学校

    代表キーワード

    教育方法学沸教大学

    資料紹介

    教育方法学              1 課題習得型学習と課題発見、解決型学習を定義し、それぞれの違いと学校のカリキュラムとの関係を具体的に説明しなさい。 ・課題習得型学習について。 この学習の型は、「基礎的な学力」を・・・・・佛大テキスト参照

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       教育方法学                           1
    課題習得型学習と課題発見、解決型学習を定義し、それぞれの違いと学校のカリキュラムとの関係を具体的に説明しなさい。
    ・課題習得型学習について。
    この学習の型は、「基礎的な学力」を付けることである。この学力は変わることのない学力であり、伝統的な学力である。最近よく言われる学力低下は。学力が下がったことである。この学力は主に教師によって課題や問題が作られる。それを子どもに指示して、子どもたちが学習する。この学習のねらいは基礎・基本となる知識や技能の習得である。学習の形としては他の人が質問して自分が答えたり、自分が質問して他の人が答えたりと主に教室の中で行われる学習だ。学習の教材としては主にテキストやその他の機器などを使用する。現在も行われている通常の授業方法である。このカリキュラムの位置づけとしては計画的、体系的に課題が作られる。各教科の各学年における学習内容に沿ったカリキュラムである。
    ・課題発見・解決型学習について。
    この学習は「流行の学習」と言われている。「生きる力(自ら学び、自ら考える力)をつける学習だ。そして..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。