人権教育。佛大通信・試験問題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数363
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    人権(同和)教育 部落問題解決に向けた近代以降(戦後を中心)の同和行政について述べよ。 太平洋戦争後日本国憲法が施行された。「すべての国民は法の下に平等であって、人種、信条、性別、・・・・佛大テキスト参照

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      人権(同和)教育
    部落問題解決に向けた近代以降(戦後を中心)の同和行政について述べよ。
    太平洋戦争後日本国憲法が施行された。「すべての国民は法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分等」で差別されないと書かれている。この憲法では、すべての国民の人権を保障すると書かれている。文章で差別をしてはいけないということを表したのだ。しかし、部落への差別意識は以前残っていたのだ。
    ②、戦後、しばらく部落はまだ劣悪な生活環境にあった。制度として差別はなくなったが、人間関係はそのまま温存されていた。そこで、京都市内で「オールロマンス事件」という差別事件が起きた。京都の職員が書いた本である。それは愚楽差別意識そのものであった。当時の府連合会は市に差別性を指摘した。この時から全国に部落解放運動が広がっていった。
    ③、1953年には全国同和教育協議会が結成された。この団体は部落の子どもたち全員に教育を保障する運動を行っていく。部落の子どもたちは家の仕事を手伝ったりして、学校に行きたくても行けない状況だったのだ。また、部落解放全国委員会は部落解放同盟と変名した。また、全国で青年会などが様々な会合が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。