学校教育職入門 試験問題 佛大

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数211
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    s0525       学校教育職入門      no1
     教科指導と教科外指導とは何かを述べて、この両者の関係についてのべなさい。
    1、教科指導について。
     学校の教育活動は、教科指導と教科外指導に大きく分けられる。教科指導は教科の学習指導得ある。小学校では算数、国語、理科、社会、音楽、体育、図工、家庭、生活等の各教科がある。その目的は主として、学力の育成だ。すなわち、学力は知識、理解・思考、判断力などを総合したものだ。
    また、教科指導は各学校の教育目標の実現の1つとして行われている。その計画は学校や、地域、児童、生徒たちの実態に即して立てる。が、学習指導要領の内容を踏まえているものである。
    2、教科外指導について。
     これは「生徒指導」「特別活動」をいう場合が多い。特別活動には、「生徒指導」や「クラブ活動」、「学校行事」、「学級活動」、「生徒会・児童会活動」などがある。特に中学校では生徒指導に重点がおかれている。放課後には、児童・生徒の個別指導におわれる学校が多い。また、教科外指導で重点を置くのは校外学習や宿泊をともなう修学旅行などである。
    ③両者の関係について。
     学校教育はこの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。