教育心理学 ・佛大通信

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数87
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    佛大心理学

    代表キーワード

    佛教大学教育心理学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    象徴機能の発生について説明せよ。(説明には子どもの行動についての具体的研究例も提示する。)また、教育との関連で大切な点を説明しなさい。
     先ず象徴機能について調べた。これは、(意味されるもの)から分化した(意味するもの)による喚起能力を指す。例えば、子供が空のコップを見て、飲むふりをする遊びの中で飲むふりは(意味するもの)であり、実際に飲むとことが(意味されるもの)であり、これを喚起、すなわち目の前にない物を呼び起こす事を表象という。この表象できる事が象徴機能と呼ばれている。象徴機能とは(意味されるもの)から分化した(意味するもの)による喚起能力を指し、この象徴機能の発達に支えられて、子どもは言語を獲得していくのだ。
     教科書にそって、幼児期、児童期、青年期の三段階に分けて発達を中心にその中で象徴機能の発生について考察する。
    S0105   教育心理学   設題1 
         (1)
     始めは発達についてである。発達とは年齢に伴う、心と体の変化である。コフカは量的に見ると発達は量的増大であり、質的に見れば分化と統合による、再体制化の過程であると言っている。量的増大は目につきやすいから分..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。