教育方法学 設題1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数334
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価
    に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点をのべよ
     先ず、設題の2つの授業の概念としてどこの国から導入されたかを調べた。授業の実践には教師一人一人によって様々である。また、教えているジャンルの内容や各学年の子供たちの発達段階によって本当に様々な様式を呈している。また、その授業を担当している一人一人の教師の人間性や教師としての資質や教師の教養や性格や教育への考え方によって様々なものとなっている。が、このような様々な授業に注目してみると、大きく分けて2つの異なった概念を表していると言える。この2つの概念を「模倣的様式」と「変容的様式」とよんでいる。前者は古代ギリシャの模倣再現の伝統を起源とする。これは科学技術が発展した近代の学校で支配的
    S0104   教育方法学  設題1
        (1)
    な様式として制度化されたのだ。授業を文化の伝承、伝達の実践とする考え方はこの模倣的様式の概念である。この考えが授業研究で使われる研究集団の「量的手段」とつながっている。す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。