教育社会学 第1設題

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数198
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    佛教大学

    代表キーワード

    佛教大学教育社会学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください』
     日本では、学歴社会があまりいいイメージをもって語られることはない。その人間の内面にもつ「本来の資質」を考慮せずに、うわべの「勉強ができるかどうか」だけでその人間を評価する理不尽かつ非人間的な社会として語られることが多い。現在、学歴社会の崩壊が各方面において叫ばれ、一流大学を卒業し、一流企業に就職した人間がリストラで職を失ってしまったり、汚職など非社会的な行動に出て職を追われたりするケースがあるからであろう。高学歴の人間が、実は内面的には「人間ができていない」ということも真実味をもっているように思える。しかし、今日の教育界でのいじめや、不登校等の問題を学歴社会に原因があるとするのはいささか強引ではなかろうか。重要なことは学歴社会が、ただ単純に教育を重視する社会ではないという点である。現在、先進国、発展途上国を問わず、教育の充実は各国家、各社会の最重要課題のひとつである。教育を重視する社会が「学歴社会」であるなら、「学歴社会」でない社会などどこにも存在しないのではないだ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。