道徳教育の研究S0528

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数167
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    A評価をいただきました。テキストにそってつくり主観により考えが偏らないようにしました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「生きる力」の育成と道徳教育について述べよ。
    1、「生きる力」の育成について
    「生きる力」とは、自分で課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する「確かな学力」、自らを律しつつ他人とともに協調し、他人を思いやる心や感動する心などの「豊かな人間性」、たくましく生きるための「健康・体力」の3つの能力から成る「全人的な力」であり、「人間としての実践的な力」(知・徳・体のバランスのとれた力)であり、「生きていくための知恵」とも言うべきものである。
    人間が生きるということは生物学的(身体的)「生命」と文化-社会的「生(活)」、そして道徳的-人格的-宗教的「いのち」の三つの次元で生きるということである。これらの次元にはそれぞれに対応する具体的な力があり、「生きる力」の育成とつながっている。
    まず、「生きる力」の基盤を成し、「生きる力」の同心円構造の中心に位するのは、「生命」の次元の対応する「生命力」である。健康な身体と体力、気力は「生きる力」の基盤を成す重要な要素であり、自らの「生命・生(活)・いのち」の連関を最大限に生かしていくために不可欠のものである。子ど..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。