教育相談の研究

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数109
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    S0534教育学

    代表キーワード

    S0534教育学

    資料紹介

    A評価でした。テキストに沿って作成致しました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。
    カウンセリングという言葉は、二十世紀中期になり使われるようになったが、もともとの概念は、広い意味では、人が日常生活を営む上で生じる悩みに対して相談や指導をするということであった。学術的な理論による裏づけがなく、相談を受ける個人の資質や経験に負うところが大である。このような意味では、カウンセリングは専門的知識がなくても、その人に素質があり、人間経験が豊富であれば、誰にでもできると考えられていた。
    これに対して、近代に入り社会の構造が複雑化するに従い、人々の悩みも多岐にわたり、その相談内容も多様化し、単なる素質や経験だけでは対応できないようになり、そのため一定の知識や技術が要求されるようになってきた。今日、一般に使われるカウンセリングという概念ができあがり展してきた。それまでのカウンセラー中心療法と呼ばれていた方法、すなわち患者に質問やテストを行い診断した結果、カウンセラーが患者に何をするべきかを指示する方法(指示的療法)は、患者の自主性を奪い、彼らをカウンセラーに依存させ、患者のもつ問題解決能力を消失させてしまうと考えた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。