人の発達における初期経験が及ぼす影響

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数2,836
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    聖徳大学・通信教育
    「発達心理学Ⅰ」第1課題第1設題。
    ※B評価。末尾に参考文献記載。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【課題】人の発達における初期経験が及ぼす影響について論じなさい。(1200字以上~1600字以内)
    第1課題 第1設題
     近年、子どもへの虐待が社会問題になっている。マスコミなどの情報により多少は把握していたが、発達心理学を学習する事で見識が深まり、より重要な問題と考えるようになった。初期経験による発達への影響はさまざまな観点から述べられるが、ここでは、虐待における初期経験・環境の発達への影響をテーマとして取り上げ、初期経験として与える子どもへのしつけを考察する。
     ・初期経験・環境の重要性
    人は、遺伝と環境の相互作用によって成長していく。その中でも発達の初期段階における経験や環境は、その後の発達に重要な影響をもたらすといわれている。例えば、言語獲得における敏感期に、虐待により経験の欠如があった場合、言葉が喋れないといった年齢相応の発達に至っていない子どもの救出事例が多々報告されている。救出後、人の可塑性により回復していくことがあるが、障害が残る場合もあることから、初期経験や環境が、その後の成長の方向性を決めると言っても大げさではない。これは言い変えれば、子どもは社会的能力や規範を備え..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。