教育心理学テスト対策

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数1,131
ダウンロード数105
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学「教育心理学」の科目最終試験の簡略解答です。ただし、「ボウルビィのアタッチメントについての所説を紹介し、乳幼児期のアタッチメント形成と青年期の対人関係のあり方との関連について考察しなさい。」のみ解答を作成していません。
    参考までにご利用ください。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    学級集団としての特質をその編成面・機能面にわたって解説しなさい。また、学級を統率する教師のリーダーシップについて考察しなさい。
    P221
    学級は多くの場合、次のような一般的特性を兼ね備えている。
    1学級はヘッドないしリーダーとしての教師と生徒から構成されている。
    2生徒は多くの場合同年齢者から成っている。
    3学級編成には子ども自らの意志で選択することも離脱することもできない。
    4学級では構成員らの相互作用を通して、様々な人間関係が展開される。
    そこで、教育集団としての学級集団が学級の共通目標達成のために機能するためには、集団の組織化が高水準へと発達する場合と同じように、学級集団もリーダーとしての教師とフォロワーとしての生徒の関係が何らかの形で上手く組織化されることである。この点について学級集団が効果的に機能するのは、1学習が迅速に進展するとき2教師と生徒の両者が正の期待に沿って行動したり、その期待に答えようとする態度をもつとき3集団ゴールの達成が促されるような対人関係が発達するときである。
    リーダーシップ行動はP機能(課題逐行機能:課題達成に直接関係する機能を意味する)とM機能(集団維..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。