麻酔の合併症

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数976
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    全身麻酔の合併症
    1)気管内挿管時の合併症
    ・ 口唇、歯牙や口腔内、咽頭、喉頭などの損傷
    ・ 歯の損傷(門歯が折れる)
    ・ 喉頭痙攣―声門や喉頭の痙攣、吃逆
    ・ 気管支の痙攣、咳(バ ッキング)

    食道挿管、片肺挿管、無気肺→低酸素血症や高二酸化炭素血症

    嘔吐。とくに
    FULL-STOM ACH
    (充満胃)→誤嚥(科学性肺炎;メンデルソン症候群


    気道粘膜および線毛損傷による分泌物増加→誤嚥性肺炎。呼吸器疾患や喫煙歴があると
    気道分泌物がふえるためとくに注意を要する
    2)麻酔導入時の合併症
    ・ 疼痛閾値低下による高血圧→出血量の増加

    副交感神経の相対的有利による循環抑制→除脈や低血圧

    末梢血管拡張→ショック、低血圧、再分布性低体温

    体温中枢抑制による低体温

    低体温によりふるえによる熱産生(シバリング)がおこる

    冠動脈の血流が減少→頻脈、不整脈、狭心症など循環器系合併症

    深麻酔→呼吸中枢の抑制による呼吸の停止・抑制

    浅麻酔→生体反射がおこる。アルコール依存症の患者等で麻酔が効きにくい
    3)手術体位による合併症
    【すべての体位に共通】
    ・肺塞栓(
    P..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。