『中小都市における公共図書館の運営』~その意義と影響~(八洲学園大学:A評価)

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数3,276
ダウンロード数163
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    本レポートは、八洲学園大学図書館司書課程(図書及び図書館史)にて、Aランク評価(最高)を得たものです。『中小レポート』の意義を明確にするため、「資料貸出の意義」にまで踏み込んで論じています。参考文献は、計7冊になります。レポートの内容と共に、参考文献も参考にしていただければと思います。少しでもお役にたてればと思い、全体公開させていただきます。尚、有償になりますが、『公共図書館における貸出の意義』で貸出の意義をさらに詳細に論じています。また、中小レポート刊行以後の公共図書館の衰退(一部図書館)については、『大都市公共図書館の盲点と衰退』にて、大阪市立中央図書館を題材に詳細に論じています。問題点や課題を複数列挙していますので、その中に皆様のホームライブラリーが抱える問題点や課題と共有する部分があるかと思います。最後に、中小レポート刊行以降、公共図書館に根付かなかったレファレンスサービスに関しては、『公共図書館におけるレファレンスサービスの理想と現実』を参照ください。その他、『ブックトーク』や『読み聞かせ』など、児童サービス論に関するレポートも別途掲載しております。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )


    平日の夕方も遅くに近隣の市立図書館を訪れると、貸出カウンターの前には本や CDや DVDを
    持ったスーツ姿のサラリーマンや子供連れの主婦、それに学生風の男性や女性が長い列を作って
    いる。そこには自由な雰囲気があり、人々は受付が終わると満足げな顔をして家路につく。これ
    は現代に生きる我々市民にとって、ごく当たり前の何気ない図書館の光景である。図書館は貸出
    しやレファレンス・サービスといったサービスを市民に提供し、市民の学ぶ権利や知る自由を保
    証している。図書館が提供するサービスに満足した市民は、再び図書館を訪れる。
    この現代の公共図書館の仕組みが完成したのはそう遠い昔のことではない。50 年程まえの図
    書館の主な機能とは、「資料の提供(利用)」ではなく「資料の保存」にあったのだ。さらには、
    図書館を訪れることさえ誰もが気軽にできるわけではなかった。
    現代の公共図書館が体現している、理想の図書館像を打ち立てたのが『中小都市における公共
    図書館の運営』(1963)であり、そこで述べられた「資料提供という機能は、公共図書館にとっ
    て、本質的、基本的、核心的なものであり、その他の図書館..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。