骨・関節・筋疾患の主な検査

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数214
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    検査が円滑に進むよう必要物品や患者の準備を万全にし、手際よい介助を行なう。患者は検査に対する不安を抱いているので、目的・方法を理解し安心して検査が受けられるよう、事前に納得のいく説明や指導をしておく。また、検査によっては苦痛を伴うこともある。鎮痛薬の使用、体位の工夫、保温、プライバシーの保護等に努め、安楽に望めるよう配慮する。検査終了時には、検査後の注意事項や副作用について再確認しておく。
    X線検査
    X線検査は、骨・関節疾患の診断に欠かすことのできない補助診断法で、通常は
        少なくとも前後と側面の2方向から撮影することが必要である。単純X線撮影の
        ほかにX線テレビが骨折や脱臼の整復、骨・関節の手術、造影検査の際に用いら
        れる。以下の造影検査の際に使用する造影剤については、使用薬剤のアレルギー
        について事前にチェックしておく。
    ・関節造影
      関節内に空気や造影剤を注入して、単純X線では診断できない関節軟骨や半月板、
      軟部組織を写し出す方法である。空気のみを使用する空気造影法、造影剤のみを
      使用する陽性造影法、空気と小量の造影剤を使用する二重造影法が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。