感染予防事前レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数350
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                                                                 
     感染は、感染源、感染経路、感受性の3要素がそろったときにおこる。
                   ↓
     感染予防には①病原体の除去、②病原体の体内への進入経路の遮断、③抵抗力の増強をはかる
     感染予防は、医療者一人一人が日ごろからいかに高い感染予防意識を持ち、常に感染予防行動がとれているか、また、その行為が適切に行われているかにかかっている。
      
     スタンダードプリコーション
       感染症の有無に関わらず、全ての患者に対して講じる標準的な感染予防策。
       ①血液、②汗以外の全ての体液、③損傷のある皮膚、④粘膜に適用
      消毒・・・人体に有害な病原微生物を死滅させるか、その発育を阻止すること
      滅菌・・・すべての微生物を死滅させること
    <手洗い>
    ①衛生的手洗い
    1.目的
    手指から有害な微生物を除去し、手指を介した交差感染を予防する。
    2.内容
    方法
    手 順  根拠・留意点 ①手全体を水で濡らす。
    ②石鹸液を手に取り、手全体にのばすようにつけ、手のひらをこすり..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。