食事介助事前レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数409
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     
    1.目的
    食事動作が自立していない対象に、自立度に合わせて経口摂取による栄養補給を促進する(たとえ少量であっても経口摂取しないと消化管機能はすぐ衰退してしまう。また、輸液では十分な栄養を取ることができない。)
    2.内容
    ①自分で食べられない患者の場合
    必要物品
     はし
    スプーン
    吸い飲みまたはストロー
    ナイフ
    フォーク
    タオル
    ナプキン
    方法
    手 順  根拠・留意点 ①体位を整える:患者が食事を見渡せる位置に配置し、できれば体を端座位か90度起座位にする。
     患者の倦怠感や嚥下障害などの程度によっては、30度、45度、80度などの適切な体位の選択が重要。   安全安楽に食事が進められるよう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。