中心静脈カテーテルIVH

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数297
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中心静脈栄養法の意義
    <中心静脈栄養法の目的>
    経口摂取などの他の方法で栄養摂取が不可能な患者に、血流の豊富な中心静脈にカテーテルを挿入し、カテーテルをとおして栄養分を供給し、栄養状態の改善を図る。
    <中心静脈栄養法の対象>
    ①消化管を使用した栄養法が不可能な場合:消化管閉塞、消化管手術後早期、消化管穿孔、短腸症候群など。
    ②消化管を使用した栄養法が好ましくない場合:消化管出血、消化管の炎症など。
    ③栄養補助目的:手術前・後の栄養補助、重症熱傷、放射線・化学療法施行時など。
    必要に応じ在宅でも行われている。
    <カテーテル挿入部位>
    ①多くの場合、鎖骨下静脈から上大静脈内に先端を留置する。
    ②患者の状態により、鼠径部の大腿静脈から下大静脈が選択されることがある。この場合、患者のADLは制限されることが多い。
    中心静脈栄養法の実際
    ①鎖骨下静脈からのカテーテルの挿入
    <カテーテル挿入時の原則および注意事項>
    ①長時間の輸液を行うことが多いので、事前に説明を十分に行い、協力を得る。
    ②中心静脈カテーテルの刺入は医師が行い、看護師は介助をする。
    ③無菌操作で行う。
    ④カテーテル刺入時の体位は仰..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。