経管栄養法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数400
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経管栄養法とは、胃内又は小腸上部に留置した消化管チューブ・栄養チューブをとおして経腸的に流動食を注入する方法である。
    ・経管栄養法は、食事や水分を経口的に摂取できない場合、また活動的に必要な量の食事
     が十分に摂取できない場合に、栄養チューブを介して積極的に栄養を管理する目的で行
     なわれる
     経管栄養注入の実際
     ・チューブの先端が正しい位置に挿入されていないと、呼吸器合併症、窒息、腹膜
      炎などの重篤な状態を招きかねない。
     ・胃に消化されないまま残っている流動物の量により、次の注入量が決定される場
      合があるため、注意が必要である。(特に小児の場合)
     ・流動物の注入の速度は、決して速くしすぎないようにする。速すぎる注入は、逆
      流・嘔吐を招き、誤燕性肺炎や窒息の恐れがある。また、腹痛や下痢の危険性が
      ある。軽腸栄養剤は、浸透圧が cx高いため下痢をおこしやすい。始めは低濃
        度のものを、時間をかけて(100~150m/l時程度)段階的に濃度を高くし
        時間の短縮を図る。                                            ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。