糖尿病

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数93
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    原因
    1型糖尿病は、膵臓のランゲルハンス島B細胞の破壊や消失による、インスリンの作用不足が主な原因である。
    2型糖尿病は、インスリンの分泌低下や抵抗性をきたす素因の遺伝因子に、環境因子(過食、運動不足、肥満、ストレス)や加齢が加わり、インスリンの作用不足となり発症する。
    糖尿病の成因による分類と特徴
    1型糖尿病
    ・主に自己免疫を基礎にした膵B細胞破壊などの遺伝因子に何らかの誘因・環境因子が加わって起こる。
    ・他の自己免疫疾患の合併症が少なくない。
    ・家族内の糖尿病は2型の場合より少ない。
    ・小児から思春期に多い。中高年でも認められる。
    ・肥満とは関係ない。
    薬物
    (インスリン依存型)
    1型ではインスリンの投与が不可欠
    2型糖尿病
    ・インスリン分泌の低下やインスリン抵抗性をきたす複数の遺伝因子に過食(とくに高脂肪食)、運動不足などの環境因子が加わってインスリンを生じて発症する。
    ・家族内血縁者にしばしば糖尿病がある。
    ・40歳以上に多い。若年発症も増加している。
    ・肥満または肥満の既往が多い。
    症状
    ・高血糖によって、糖、たんぱく質、脂質のそれぞれの代謝に障害をもたらし、さまざまな症
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。