百貨店が生き残る方法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,033
ダウンロード数5
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    百貨店が生き残る方法は、「百貨店に入っている企業(人・商品・店舗)を大切にする」 「地域の人々(特に子ども)を大切にする」という2つのシンプルなものである。

    関西の14つの百貨店を歩き、百貨店とスーパーの違いについて考え、そこから、他の百貨店に勝つ方法を見つけ出した。

    教育学を学ぶ院生の視点から、百貨店について考えた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    百貨店が生き残る方法 2012
    M1 Y.K
     現在、百貨店業界は不振が続き、10年以上連続で売り上げが減少している。私が住む関西には、そごう、大丸、伊勢丹、高島屋、阪神阪急百貨店等多くの百貨店がある。
    私が、大学院で研究する5年程前、阪急百貨店でアルバイトをしていた。その時、百貨店の人に「百貨店とスーパーの違いは?」と聞かれたが、納得のいく返事ができなかった。ずっと、心に引っかかっており、関西の14店舗の百貨店の売り場を歩きその答えを探し出した。そこから、さらに、他の百貨店に勝ち、生き残るにはどうすれば良いかという答えも見えてきた。それは、「百貨店に出店している企業(店舗・人・商品)を大切..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。